連載
» 2020年08月25日 05時00分 公開

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(81):Chromium版「Microsoft Edge」の配布対象が拡大――Windows 7/8.1も自動配布対象に

本連載では2020年1月に安定版(Stable)が完成したChromiumベースの新しい「Microsoft Edge」について、企業向けの機能や企業内クライアントへの展開を解説してきました。これまで自動配布の対象外だったWindows 10 EnterpriseとEducationが今後、自動配布の対象になることをお伝えします。ただし、全てのPCが自動配布の対象になるわけではありません。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

Enterprise/Educationが新しいEdgeの自動配布の対象外から対象へ

 Chromiumベースの新しい「Microsoft Edge」は、今後「Windows 10」の標準モダンブラウザになる予定です。「20H2」と呼ばれる次期バージョンでは、新しいMicrosoft Edgeが標準になるという情報もあります。

 MicrosoftはChromiumベースの新しいMicrosoft Edgeを2020年1月に正式にリリースし、まずは手動でダウンロードおよびインストールすることで導入を可能にしました。その後、HomeおよびProエディションを対象にWindows Updateでの自動配布を開始しています。

 ただし、これらのエディションを実行する全てのPCが対象なわけではなく、「Active Directory(AD)」ドメインや「Azure Active Directory(AAD)」に参加しているデバイス、「Windows Server Update Services(WSUS)」で管理されているデバイス、「Windows Update for Business(WUfB)」で管理されているProエディションのデバイスは“自動配布の対象外”とされました。

 日本では2020年6月中旬、Windows 10 バージョン1803以降の対象デバイスに「2020-05 Windows 10 Version XXXX 向け Microsoft Edge Update(x86またはx64ベースシステム用)(KB4559309)」として、Windows Update経由で自動配布されました(画面1)。

画面1 画面1 Windows Updateで新しいMicrosoft Edgeが配布されると、次回サインイン時、このように新しいMicrosoft Edgeに更新されたことが全画面で示される。知らない人は驚くだろう

 当初、Windows 10のEnterprise、Education、Pro for Workstationsは自動配布の対象外とされ、組織の管理者が何らかの方法(ソフトウェア配布ツールなどを使用、WSUSでは不可)で企業内クライアントに配布するか、手動で導入するかしない限り、新しいMicrosoft Edgeの自動配布の影響について考慮する必要はありませんでした。新しいMicrosoft Edgeの企業向け新機能や企業での展開方法については、本連載でも何度か取り上げました。

2020年6月下旬からはWindows 7 SP1/Windows 8.1も自動配布対象に

 Windows 10に続いて、2020年6月下旬には「Windows 7 Service Pack(SP)1」と「Windows 8.1」(Enterpriseを除く)にWindows Update経由での自動配布が始まりました(画面2)。Enterpriseエディション、ADドメイン参加、AAD参加、WSUSで管理されているデバイスは自動配布の対象外です。

画面2 画面2 2020年6月下旬には、Windows 7 SP1とWindows 8.1へのWindows Update経由での自動配布も開始

 なお、Windows 7 SP1での新しいMicrosoft Edgeの利用は、サポート終了後に最大3年間(2023年1月まで)、セキュリティ更新を受け取ることができる「拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)」の購入者を想定しているものです。ただし、Windows 7 SP1での新しいMicrosoft EdgeのサポートはESUの期間の途中の「2021年7月15日」に終了することに注意してください。

2020年8月以降、Windows 10 Enterprise/Educationも自動配布の対象に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。