ニュース
» 2020年08月27日 10時00分 公開

2024年には世界で約2600億円規模の市場に:統合型のカスタマーサクセスプラットフォームを発表 サークレイス

サークレイスは社名と同名の統合型カスタマーサクセスプラットフォーム「Circlace(サークレイス)」を発表。顧客とのやりとりを統合することで、工数の削減やデータ利活用が見込めるという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 サークレイスは2020年8月20日、会見を開き、社名と同名の統合型カスタマーサクセスプラットフォーム「Circlace(サークレイス)」を発表した。同社は2020年7月1日に社名をパソナテキーラから変更している。2012年の創業当初は「Salesforce」などのSaaS製品の導入、設計、開発、保守運用サポートなどのサービスを提供していた。

 同社代表取締役社長 佐藤潤氏は「創業当時はIT人材不足から、人材増を前提とした経営計画の見直しを迫られたり、顧客増加に従う顧客ニーズや状況把握の不足からトラブルが増えたりするといった問題を抱えていた。2016年7月に『全ての顧客接点をデジタル化する』という目標を掲げ、全ての顧客接点情報を集約するプラットフォームの開発に着手した」と語る。

 そこで開発したのがCirclaceだ。同社は複数のSalesforce関連サービス、他事業のサービスの一部でCirclaceを適用したところ、工数の大幅削減やデータベースの統一、顧客や業務理解の深化などのメリットを得られたという。

 「われわれがCirclaceを開発、使用、ブラッシュアップし、ビジネスを成功させた上で、顧客に導入してほしいと4年間試行錯誤してきた。ノウハウが詰まったCirclaceを使うことで顧客のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援できると考えている」(佐藤氏)

 ではサークレイスが提供する統合型カスタマーサクセスプラットフォームとはどういったものなのか。同社マーケティング部の杉山弘治氏はカスタマーサクセスについて次のように説明した。

 「顧客が契約した商品/サービスに関して、顧客の課題解決や意見を吸い上げてプロダクトへフィードバックし、改善させていくことが、カスタマーサクセスの役割。カスタマーサクセスは商品開発の要で、顧客と対話することで自社商品が抱えている問題点や課題を知ることができる。カスタマーサクセスの手助けをするのが、カスタマーサクセスプラットフォームだ」

既存顧客とのやりとりをプラットフォームに統合――2024年には世界で約2600億円規模の市場に?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。