ニュース
» 2020年08月31日 08時00分 公開

2020年度はリモートアクセスへの投資が拡大:「中堅中小企業はITインフラ向けの要員や予算が少ない」 IDCがITインフラサービスへの投資動向調査

IDC Japanは、ITインフラストラクチャサービスへの投資動向に関する調査の結果を発表した。2019年度に最も投資された技術領域は「サイバーセキュリティ」だったのに対して、2020年度は「リモートアクセス」への投資が大きくなりそうだ。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2020年8月27日、ITインフラストラクチャサービスへの投資動向に関する調査の結果を発表した。国内691社のCIO(最高情報責任者)やIT部門のマネジャーなどを対象に調査した。

画像 従業員規模別、2020年に投資を計画/検討しているITインフラ分野テクノロジー領域(出展:IDC Japan

 IDCによると「ITインフラストラクチャ向け支出比率の高い企業は、クラウドを活用することでITインフラストラクチャ領域のコスト削減を図っている」という。サイバーセキュリティとコスト削減がITインフラストラクチャ領域での課題としている企業が多いためだ。調査結果を見ると、従業員規模が大きい企業ほどクラウドインフラストラクチャサービスの利用率が高かった。

サーバやストレージ、ネットワークの仮想化に積極的なのは従業員1000人以上の企業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。