連載
» 2020年09月03日 05時00分 公開

Tech TIPS:【Excel】シートを隠す、軸の書式設定やヘルプのグレー領域「作業ウィンドウ」を移動させる

Excelで、書式設定などを開くと、左側にグレーの「作業ウィンドウ」が表示され、シートが隠されてしまう。作業内容によっては、この作業ウィンドウが邪魔になる。意外と知られていないが、この「作業ウィンドウ」は移動が可能だ。その方法を紹介する。

[塩田紳二,著]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Office 2013/2016/2019/365


「作業ウィンドウ」は意外と邪魔になる 「作業ウィンドウ」は意外と邪魔になる
グラフの書式設定などでは、Excelウィンドウの右側にグレーの「作業ウィンドウ」が表示される。意外と知られていないが、この作業ウィンドウは自由に移動させられる。

 「Microsoft Excel(エクセル)」でヘルプ機能を使ったり、グラフなどの書式設定などを行ったりすると、ウィンドウの右側にグレーの領域が表示される。意外と幅が広く、シートの表示範囲を狭めるため、邪魔に感じることがある。広いシート範囲を見るため、ズームで縮小表示したり、ウィンドウ枠を固定したりといった機能を使うこともあるだろう。しかし、その対処方法はちょっと本末転倒だ。このグレーの領域を何とかすればいいのである。

 このグレーの領域は、正式には「作業ウィンドウ」(Task Pane)といい、Officeに共通の機能だ。この作業ウィンドウは、自由に動かすことができ、ウィンドウの反対側に置いたり、Excelとは別のウィンドウ(フローティングウィンドウ)として表示したりすることも可能だ。この作業ウィンドウの状態は、一回Excelを閉じても記憶され、次に作業ウィンドウが表示されるときには、前回と同じ位置、同じ状態となる。

 利用しているPCのディスプレイ解像度が低く、ワークシートウィンドウの幅が狭くなると使いにくい場合、あるいはマルチディスプレイ環境で別ディスプレイが使える場合などに、作業ウィンドウをフローティング状態とすると、シートが見える範囲が広がり、操作効率が向上する。

作業ウィンドウとは?

 Excelでヘルプを起動したり、グラフの書式設定を行ったりしたとき、作業ウィンドウが右側(初期状態)でExcelウィンドウの一部となっている状態を「ドッキング」状態といい、この状態の作業ウィンドウを「ドッキングウィンドウ」という。

ドッキング状態の作業ウィンドウ ドッキング状態の作業ウィンドウ
作業ウィンドウがExcelウィンドウの左右に配置されている状態を「ドッキング」状態という。ドッキング状態では、作業ウィンドウがExcelのシート表示領域を狭めてしまう。

作業ウィンドウの位置を変える

 この作業ウィンドウは、実は自由に動かすことができる。上部(数式バーの下)にマウスカーソルを持っていくと、カーソルは移動が可能であることを示す十字型になる。ここで作業ウィンドウをドラッグすれば、「ドッキング解除(Undock)」ができるのだ。

作業ウィンドウを移動する(1) 作業ウィンドウを移動する(1)
作業ウィンドウのタイトル付近(数式バーの下)にマウスカーソルを持っていくと、移動が可能なことを示す十字のカーソルとなる。
作業ウィンドウを移動する(2) 作業ウィンドウを移動する(2)
作業ウィンドウをドラッグすると、自由な位置に移動させることができる。

 ドッキング解除された作業ウィンドウは「フローティングウィンドウ」と呼ばれる状態となり、Excelウィンドウに制限されず、自由な位置に置くことができる。解像度が低いPCの場合でも、作業の邪魔にならない場所に自由に配置できる。マルチディスプレイ環境ならば、別のディスプレイに作業ウィンドウを置き、Excelのウィンドウを最大表示させることも可能だ。フローティング状態となった作業ウィンドウは、もちろん、自由にサイズを変更できる。

フローティング状態の作業ウィンドウ(1) フローティング状態の作業ウィンドウ(1)
作業ウィンドウをフローティング状態にすると、Excelウィンドウは、セルシートなどをフルに表示できる状態となる。作業ウィンドウは自由に動かせ、サイズも変更可能だ。
フローティング状態の作業ウィンドウ(2) フローティング状態の作業ウィンドウ(2)
位置やサイズを調整して、作業の邪魔にならない場所に置いておくことができる。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。