ニュース
» 2020年09月03日 08時00分 公開

The Linux Foundation Japanがホワイトペーパーの日本語訳を公開:「技術的負債」が組織やエンジニアに与える影響とは?

The Linux Foundation Japanは、『技術的負債とオープンソース開発』の日本語訳を公開した。技術的負債について、「ソフトウェア開発時にメインブランチからの逸脱によって発生したソースコードの保守コスト」と説明している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 The Linux Foundation Japanは2020年9月1日、『技術的負債とオープンソース開発』を公開した。これは、The Linux Foundationが同年7月に公開した『Technical Debt and Open Source Development』(PDF)の日本語版。

技術的負債の発生を示す症状とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。