ニュース
» 2020年09月03日 11時30分 公開

大企業のアプリケーションモダナイゼーションをサポート:Google Cloud、「Google Cloud App Modernization Program(CAMP)」を発表

GoogleのGoogle Cloud部門は、大企業のアプリケーションモダナイゼーションを支援する「Google Cloud App Modernization Program」(Google CAMP)を発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」(GCP)を担当するGoogle Cloud部門は2020年8月25日(米国時間)、ビジネスの成功に向けてアプリケーションモダナイゼーションを進める大企業が、指針となるアドバイスや実証済みのプラクティスを求めているとの認識から、こうした取り組みを支援する「Google Cloud App Modernization Program」(Google CAMP)を発表した。

 Google CAMPにより、大企業はアプリケーション開発、提供のモダナイゼーションとそれらのスピードアップを実現でき、それは収益向上に直結すると、Google Cloudは述べている。

 Google Cloudは、Google CAMPは以下の3本柱のアプローチにより、大企業のアプリケーションモダナイゼーションを成功に導くとしている。

  • データ主導の評価とベンチマーキング
  • モダンで拡張可能なプラットフォーム
  • 実証済みのプラクティス、ソリューション、アドバイス

 Google Cloudは、Google CAMPは、大規模かつ迅速なアプリケーション提供を支えてきたGoogle Cloudの経験に基づいていると述べ、「毎日1200万ビルドのデプロイ、6億5000万のテストケースの実行、毎月2.5EB(エクサバイト)のログ処理、1万4000兆のモニタリング指標の解析」をサポートしてきたと実績を例示している。

 またGoogle CAMPは、高業績につながるプラクティスに関するDevOps Research and Assessment(DORA)の6年に及ぶ調査で得られた教訓を反映しているという。

 Google Cloudは、Google CAMPの3本柱のアプローチについて次のように説明している。

データ主導の評価とベンチマーキング

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。