ニュース
» 2020年09月03日 16時00分 公開

「BYOPCセキュリティ」と「SASE」の両技術が台頭する見通し:Gartner、「エンドポイントセキュリティのハイプ・サイクル」を発表

Gartnerは、最新レポート「Hype Cycle for Endpoint Security, 2020」を発表し、「Bring Your Own PC」(BYOPC:私物クライアントデバイスの業務利用)セキュリティと、「セキュアアクセスサービスエッジ」(SASE)の両技術が、今後10年間に世界の企業に影響を与え、変革をもたらすだろうとの見通しを示した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Gartnerは2020年8月26日(米国時間)、最新レポート「Hype Cycle for Endpoint Security, 2020」(エンドポイントセキュリティのハイプ・サイクル:2020年)を発表し、2つの技術が今後10年間に世界の企業に影響を与え、変革をもたらすだろうとの見通しを示した。

 その1つである「Bring Your Own PC」(BYOPC:私物クライアントデバイスの業務利用)セキュリティは、今後2〜5年間に広く普及し、もう1つの「セキュアアクセスサービスエッジ」(SASE)は、広く普及するまでに5〜10年かかるだろうと、Gartnerは述べている。

 Gartnerのシニアリサーチディレクターを務めるロブ・スミス氏は、BYOPCの最近の動向を次のように説明している。「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行(パンデミック)の前は、BYOPCへの関心はほとんど見られなかった。だが、パンデミックが始まったとき、企業にはBYOPC以外に選択肢がなかった。従業員が在宅勤務できるようにすることが緊急に必要になり、利用できるハードウェアが足りなかったことから、BYOPCの世界的な導入が進んだ。Gartnerの顧客によると、2019年のBYOPCの導入率は5%未満にとどまっていた」

 2020年の「エンドポイントセキュリティのハイプ・サイクル」レポートでは、BYOPCセキュリティとSASEは、「『過度な期待』のピーク期」に達している。BYOPCの急速かつ広範な導入に伴い、CISO(最高情報セキュリティ責任者)やセキュリティリーダーは、BYOPCに対応した具体的なセキュリティ対策を講じる必要に迫られている(図)。

エンドポイントセキュリティのハイプ・サイクル:2020年(出典:Gartner

セキュリティ対策に優先順位を

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。