ニュース
» 2020年09月04日 08時00分 公開

光ファイバーから出た光の位相変化を抽出し、AIで分析:電柱のメンテナンスもテレワーク対応? NECがAIと光ファイバーで遠隔から「電柱のひび割れ判定」に成功

NECはAIを使ってコンクリート電柱のひび割れの有無を判定することに成功した。既存の通信用光ファイバーを振動センサーにする「光ファイバーセンシング技術」で関連するデータを遠隔から取得できる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 NECは2020年9月1日、電力中央研究所と協力してAI(人工知能)技術を応用したコンクリート電柱(以下、電柱)のひび割れの有無を判定する実証実験を実施したと発表した。

画像 電柱の正常・劣化の判別例(出展:NEC

 現在、国内の電力会社が保有する電柱は2200万本以上。これらの経年劣化の状態や、災害時の被害状況把握の効率化が課題になっている。NECは実証実験によって、こうした電柱のひび割れの有無を遠隔で判定することに成功した。この実証実験で用いたのは、光ファイバーの振動波形を遠隔から測定可能とする「光ファイバーセンシング技術」と「振動データ解析AI」を組み合わせた分析システム。

ケーブルから発信した光パルスが戻ってきたときの位相の変化を抽出

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。