ニュース
» 2020年09月08日 08時00分 公開

「SNSを介した犯罪」などにも注目:クラウドの情報セキュリティを新たに掲載 IPAが「情報セキュリティ白書2020」を発行

IPAは、「情報セキュリティ白書2020」を発行した。2020年版は、クラウドに関する情報セキュリティの被害の実態や課題、SNSを介した犯罪など青少年を取り巻くネット環境を新たなトピックとして取り上げた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は2020年9月3日、「情報セキュリティ白書2020」を発行した。IPAは同白書を2008年から発行しており、2020年版は13冊目となる。

画像 情報セキュリティ白書2020(画像は書籍版。出展:IPA

 情報セキュリティ白書は、情報セキュリティに関する国内外の政策や脅威の動向、インシデントの発生状況や被害実態といった定番トピックに加え、毎年タイムリーなトピックを新たに取り上げている。

クラウドに関する情報セキュリティの被害の実態や課題

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。