ニュース
» 2020年09月09日 10時20分 公開

Azure Arcでも連携:「Nutanix Clusters on Azure」が発表

NutanixがMicrosoft Azure上でNutanixインフラを動かすことのできる「Nutanix Clusters on Azure」を発表した。Microsoftとは支払いをはじめ、踏み込んだ提携を行っている。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Nutanixは2020年9月8日(米国時間)、Microsoftとの提携で、NutanixインフラをMicrosoft Azureで動かせる「Nutanix Clusters on Azure」を発表した。2社は、2020年8月にNutanixが一般提供開始を発表した「Nutanix Clusters on AWS」を超える統合を進めていることを明らかにした。同サービスは、現在限定顧客にプレビュー提供の段階。

 

ディーラジ・パンディ氏(左)とスコット・ガスリー氏(右)

 Nutanix Clusters on Azureは、Azureの物理サーバにNutanixのプラットフォームソフトウェアを自動インストールし、動かせるというもの。ここまではNutanix Clusters on AWSと同様だ。

 NutanixとMicrosoftはさらに踏み込んで、調達およびサポート面で連携する。まずMicrosoftは、Nutanixソフトウェアのライセンス支払いに、Azure Creditを使えるようにする。Nutanixユーザーは既存のライセンスをNutanix Clusters on Azureに適用することができるし、オンデマンドの利用はAzure Marketplaceから行うこともできるという。Azure Marketplaceでは、AzureのサーバとNutanixのソフトウェアへの支払いを一括して行える。

 Nutanixの年次カンファレンス「Nutanix .NEXT」のオンライン配信に登場したMicrosoftのクラウド&AI担当エグゼクティブバイスプレジデント、スコット・ガスリー氏は、Azureで提供しているマルチクラウド管理ツール「Azure Arc」での連携についても説明した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。