ニュース
» 2020年09月10日 08時00分 公開

「電力使用データに応じて保険料を割り引く」といった使い方も:IoTを活用して家庭の防災や見守りを支援 三井住友海上、NTTドコモなど4社が共同開発

三井住友海上火災保険と東京電力パワーグリッド、NTTドコモ、エナジーゲートウェイの4社は、防災と減災、省エネ、高齢者や子どもの見守りといった課題に向けて、先進デジタル技術を活用した新商品やサービスを共同で開発する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 三井住友海上火災保険と東京電力パワーグリッド、NTTドコモ、エナジーゲートウェイの4社は2020年9月8日、内閣府が提唱する「Society 5.0」を目指して、実証試験や共同開発を実施することに基本合意した。防災と減災、省エネ、高齢者や子どもの見守りといった課題に向けて、先進デジタル技術を活用した商品やサービスを共同で開発する。

画像 アプリで提供するサービスのイメージ(出展:NTTドコモ

 まずは、家庭の電力使用データを分析して行動を把握し、異常を検知することで防災と減災、省エネ、見守りを支援するサービスに関する実証試験を2020年度中に開始する。電力使用量の変化から、火災につながる事象や生活状況の変化を検知して、それを予防する。

熱中症の危険を検知、電気の使い過ぎの通知など多様な使い道

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。