ニュース
» 2020年09月10日 12時45分 公開

20分で使えるKubernetes環境も提供開始:「HCIはHCIに進化」? Nutanixはどこにたどり着いたかをCEOのパンディ氏が説明

Nutanixは2020年9月9日、日本のプレス・アナリスト向けに同カンファレンスでの発表を説明した。創業者でCEOのディラージ・パンディ氏も参加して、「HCIはHCIに進化した」と説明した。退任を発表しているパンディ氏に、自身のことについても聞いた。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Nutanixは2020年9月9日、創業者でCEOのディラージ・パンディ氏も参加して、日本のプレス・アナリスト向けに開催中の年次カンファレンスでの発表を説明した。@ITでは、退任を発表しているパンディ氏に、自身のことについても聞いた。

Nutanixの創業者で会長兼CEOのディラージ・パンディ氏

 パンディ氏は、「HCIはHCIへと進化した」と話した。前者の「HCI」はハイパーコンバージドインフラで、後者の「HCI」はハイブリッドクラウドインフラだという。

 これまでNutanixは、オンプレミスのITインフラをコモディティ化するとともに、扱いやすい形で統合することに力を入れてきた。次に、2020年8月には「Nutanix Clusters on AWS」の一般提供を開始し、今回のカンファレンスでは「Nutanix Clusters on Azure」を開発中であることを明らかにしたことで、オンプレミスとクラウドにまたがる容易な一元管理を実現し、アプリケーションとデータを行き来させられる「場所の自由」を提供できるようになったとする。

 パンディ氏に「VMware Cloud on AWS」との違いを聞くと、同氏は「ライセンスを真の意味でポータブルにしていること」「パブリッククラウドのネットワークに溶け込めること」「ユーザーが自身で構築できること」を挙げた。

 「オンプレミスとクラウドの境界を曖昧(あいまい)にし、完全に同一の利用体験を実現することが目的だ」(パンディ氏)

 NutanixはマネージドKubernetes管理サービスの「Karbon Platform Services」を提供開始したことも発表した。より上のレイヤーでハイブリッド/マルチクラウドが実現できるとする。

 Karbon Platform Servicesの実態はSaaSとして提供されるKubernetesのコントロールプレーンに、クラウドネイティブ分野のさまざまなオープンソースソフトウェア(OSS)を組み合わせたもの。実際のコンテナクラスタはオンプレミスやパブリッククラウド(のNutanixクラスタ)で稼働する。VMwareやRed Hatのコンテナサービスとの比較では、開発チーム、ITインフラ担当のいずれにとってもシンプルで使いやすいとしている。数クリック、20分程度でストレージやネットワーク、モニタリング/ロギングを含めたマルチマスターKubernetes環境の導入作業が終了するという。

 性能面では、NVMe SSD、Intel Optane SSDへの対応により、ストレージI/Oが50%向上したという。IntelのSPDK(ストレージパフォーマンス開発キット)には、HCIで初めて対応したとしている。

パンディ氏が後継者に期待すること

 パンディ氏は後継者が決まり次第、退任することを明らかにしている。そこで、自身に対する評価や後継者に期待することを聞いてみた。

――パンディさんは以前私に数回、日本の「我慢」という言葉が好きだと話していました。自身のこれまでの我慢について、自己評価してみてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。