ニュース
» 2020年09月11日 10時30分 公開

セキュリティ、運用管理の優位性を強調:AWS、コンテナホスト用のLinuxベースOS「Bottlerocket」を正式リリース

Amazon Web Services(AWS)は、同社が設計し、コンテナ実行に最適化した新しいLinuxベースのオープンソースOS「Bottlerocket」の一般提供を開始した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)は2020年8月31日(米国時間)、同社が設計し、コンテナの実行や管理に最適化した新しいLinuxベースのオープンソースOS「Bottlerocket」の一般提供を開始したと発表した。

 Bottlerocketは、コンテナ実行に必要なソフトウェアのみを含んでおり、トランザクショナルな更新メカニズムを付属している。これらの特性により、ユーザーはコンテナオーケストレーターを使用して、最小限の中断でOSの更新を管理できる。また、コンテナ化されたアプリケーションのセキュリティが向上し、運用コストを削減できるとしている。

 AWSが提供するBottlerocketイメージは、フルマネージドKubernetesサービス「Amazon EKS(Amazon Elastic Kubernetes Service)」およびフルマネージドコンテナオーケストレーションサービス「Amazon ECS(Amazon Elastic Container Service)」(プレビュー)で利用できる。BottlerocketはGitHubでオープンソースプロジェクトとして開発されている。

セキュリティに重点

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。