ニュース
» 2020年09月14日 08時00分 公開

テレワークを実施するための最低限のセキュリティとは何か:テレワーク方式を8つに分類し、それぞれの特徴を解説 総務省がテレワークセキュリティに関する手引きを公表

総務省は、テレワークを実施するに当たって最低限のセキュリティを確実に確保するための手引き「中小企業等担当者向けテレワークセキュリティの手引き(チェックリスト)」と、設定内容を解説する資料を公表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 総務省は2020年9月11日、テレワークを実施するに当たって最低限のセキュリティを確実に確保するための手引き「中小企業等担当者向けテレワークセキュリティの手引き(チェックリスト)」と、設定内容を解説する資料を公表した。総務省のWebサイトでダウンロードできる。

画像 テレワーク方式確認のフローチャート(出展:総務省

 総務省は企業がテレワークを導入するに当たってのセキュリティ対策例を示した「テレワークセキュリティガイドライン(第4版)」を策定、公開している。新たに公開したチェックリストは、専任のセキュリティ担当者を置いていない中小企業などに向けて、セキュリティの専門用語について詳細な仕組みは理解していないが利用シーンがイメージできるレベルの人でも、テレワークを実施する際に必要な最低限のセキュリティを確保できるようにした。

テレワーク方式ごとに適したデータの保存先などを解説

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。