ニュース
» 2020年09月14日 14時30分 公開

分かりやすくサービスを再編:クラウドホステッド開発環境の「Visual Studio Codespaces」が「GitHub Codespaces」に集約

パブリックプレビュー段階にあるMicrosoftのクラウドホステッド開発環境「Visual Studio Codespaces」が、傘下のGitHubのクラウドホステッド開発環境「GitHub Codespaces」に集約されることになった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年9月4日(米国時間)、パブリックプレビュー段階にあるクラウドホステッド開発環境「Visual Studio Codespaces」(旧称:Visual Studio Online)を、傘下のGitHubのクラウドホステッド開発環境「GitHub Codespaces」に集約すると発表した。

 既存のVisual Studio Codespacesユーザーは、GitHub Codespacesへの移行を今すぐ開始できる。「Microsoft Azure」で運用されている現行のVisual Studio Codespacesは、2021年2月に提供が終了する。

なぜクラウドホステッド開発環境を集約するのか

 Microsoftはこれまでのパブリックプレビューの過程で、リポジトリからコードスペースへの移行が、ユーザーのワークフローの最も重要な部分であり、大多数のユーザーは、高度に統合されたワンクリックネイティブエクスペリエンスを望んでいることが分かったとしている。

 GitHubは5000万人に上る開発者に使われていることから、Microsoftは、このフィードバックに対応するには、GitHubと組み合わせることが理にかなっていると判断した。だが、GitHubネイティブなエクスペリエンスの提供開始後、Visual Studio CodespacesとGitHub Codespacesが同様のエクスペリエンスを提供していることが、ユーザーの間で混乱を引き起こしているという声も聞かれるようになった。

 そこでMicrosoftは、2つの環境のエクスペリエンスを一本化することで、混乱を解消し、全ての人にシンプルなエクスペリエンスを提供できるようになり、顧客からのフィードバックへの対応を迅速に進められると考えた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。