連載
» 2020年09月16日 05時00分 公開

仕事が「つまんない」ままでいいの?(69):管理職はつらいよ (3/3)

[竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい),@IT]
前のページへ 1|2|3       

一人はつらい。時には息を抜いて

 管理職は立場的に、周囲には相談しにくく、悩みを一人で抱えがちです。

 でも、管理職だって、一人の人間です。悩みもあるし、つらいこともある。時には愚痴りたいこともありますよね。「オレだって(ワタシだって)つらいんだ」と。

 そんなときは、感情を一人で背負ってほしくないな。つらいときは、その気持ちを誰かに話しましょう。メンバーに本音を話しづらければ、他の部署の同期でもいいし、かつての同僚でもいい。胸の内を口に出せば、少しは楽になれます。明日からの活力が、ほんの少しだけ湧いてきます。

 幸い、いまはオンラインで会話ができる便利なツールがあります。時には、親しかった人に連絡を取ってみるのも、いいかもしれません。

 最後にあらためて。

 管理職はつらいですよね。だけど、悩んだ経験は、間違いなくあなたの力になります。財産になります。それを信じて歩んでいきましょう。ボクも頑張ります。

結構毛だらけ、なかバグだらけ、管理職の周りは敵だらけ

筆者プロフィール

竹内義晴

しごとのみらい理事長 竹内義晴

「仕事」の中で起こる問題を、コミュニケーションとコミュニティーの力で解決するコミュニケーショントレーナー。企業研修や、コミュニケーション心理学のトレーニングを行う他、ビジネスパーソンのコーチング、カウンセリングに従事している。

著書「感情スイッチを切りかえれば、すべての仕事がうまくいく。(すばる舎)」「うまく伝わらない人のためのコミュニケーション改善マニュアル(秀和システム)」「職場がツライを変える会話のチカラ(こう書房)」「イラッとしたときのあたまとこころの整理術(ベストブック)」「『じぶん設計図』で人生を思いのままにデザインする。(秀和システム)」など。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。