ニュース
» 2020年09月16日 10時03分 公開

ファイルストレージはActive Directory対応:VMwareがvSANをKubernetes向けに拡張、CloudianやDataStaxなどと連携

VMwareは2020年9月15日(米国時間)、「VMware vSAN」とサードパーティーの永続ストレージを連携し、Kubernetes対応させるフレームワークである「VMware vSAN Data Persistence」を発表した。また、ファイルストレージ機能ではActive Directory対応などを実現した。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 VMwareは2020年9月15日(米国時間)、同社のソフトウェアストレージ「VMware vSAN」とサードパーティーの永続(ステートフル)ストレージ/NoSQLデータベース製品などを連携し、Kubernetes対応させるフレームワークである「VMware vSAN Data Persistence」を発表した。

 VMwareはコンピューティング、ストレージ、ネットワーキングを統合し、さらにKubernetes環境を加えたITインフラ基盤製品である「VMware Cloud Foundation with Tanzu」で、ITインフラ担当者がvCenterを使って基盤運用を行い、開発チームはKubernetes APIを介してセルフサービス的にリソースを活用する役割分担モデルを実現する機能の実装を進めている。今回の発表は、これをステートフルデータサービスで可能にするものという。

開発チームはKubernetes APIで永続データを活用でき、背後でIT管理者が基盤部分の管理を実行できる

 「IT管理者は、VMware vCenterのユーザーインタフェースから『VMware vSphere』クラスタに直接、モダンなステートフルサービス(訳注:サードパーティーのオブジェクトストレージなどの製品)を簡単にインストールして展開でき、開発者には(Kubernetesの)namespaceを介してこのサービスへのアクセスを許可できる。開発者は、Kubernetes APIを通じて、セルフサービスでモダンなステートフルサービスのインスタンスを動的にプロビジョニングし、スケールできる」と、発表ブログポストは説明している。

 vSAN Data Persistenceには、さまざまな永続データサービスを単一の基盤上で共存、統合運用できるメリットもある。

 VMwareはvSAN Data Persistenceの最初のパートナーとして、Cloudian(オブジェクトストレージ)、DataStax(Apache CassandraベースのNoSQLデータベース)、MinIO(オブジェクトストレージ)、Dell Technologies(オブジェクトストレージ「ObjectScale」)を挙げている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。