ニュース
» 2020年09月17日 16時00分 公開

「R」と「Rust」の人気も上昇:プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」で「C」が首位、「C++」が最大の上昇

TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2020年9月版では、「C」「Java」「Python」「C++」「C#」が1〜5位を占めた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ソフトウェア品質の評価と追跡を手掛けるTIOBE Softwareは2020年9月版の「TIOBEプログラミングコミュニティーインデックス」(通称「TIOBEインデックス」)を発表した。

 「C」言語が15.95%のレーティングで首位を獲得し、「Java」「Python」「C++」「C#」が2〜5位を占めた。TIOBEインデックスは、プログラミング言語の人気を示すランキングで、同社が毎月更新している。

TIOBEインデックス(2020年9月版)から1〜20位を示した(出典:TIOBE Software
TIOBEインデックス1〜10位の推移を示した(出典:TIOBE Software

 各言語のレーティングを2019年9月と比べると、C++が1.48ポイント増と全言語で最も上昇幅が大きい。TIOBE SoftwareのCEOであるポール・ジャンセン氏は、新しい「C++20」標準の登場がこのような上昇をもたらした主な原因の一つかもしれないと述べている。「includeメカニズム」に取って代わると予想される新しいモジュール機能が、レーティング上昇に特に寄与したとの見方も示している。

 C++は、2003年8月に同言語として過去最高の17.53%のレーティングを獲得し、2003年の「今年のプログラミング言語」(TIOBEインデックスのレーティングの年間上昇幅が最大だった言語)となった。だが、その後はレーティングが下降し、2005年以降は10%未満となり、2017年には過去最低の4.55%にまで落ち込んでいた。

JavaやRustはどうなった?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。