ニュース
» 2020年09月18日 16時30分 公開

WSL 2に物理ディスクを接続:Windows 10と「WSL 2」でLinuxファイルシステムへのアクセスが可能に

「Windows 10 Insider Preview Build 20211」において「WSL 2」に新機能が加わった。物理ディスクをWSL 2に接続してマウントし、「ext4」などのファイルシステムにアクセスできるようになった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年9月10日(米国時間)、同日リリースした「Windows 10 Insider Preview Build 20211」において、「Windows Subsystem for Linux 2」(WSL 2)に新機能を追加したと発表した。

 「wsl --mount」コマンドを実行すると、物理ディスクをWSL 2に接続してマウントできる。これにより、Windowsでネイティブにサポートされていないファイルシステム(「ext4」など)にアクセスできるようになる。例えば、WindowsとLinuxをデュアルブート設定にしている場合は、Windows側からLinuxのファイルにアクセスできる。

 新しいコマンドの主な使い方は次の通り。

  • ディスクをマウントする
     管理者権限でPowerShellウィンドウを開き、次のコマンドを実行する。
wsl --mount ディスクのパス
  • Windowsで使用可能なディスクを一覧表示する
wmic diskdrive list brief
  • WSL 2からディスクをアンマウントし、接続を解除する
wsl --unmount ディスクのパス

 ディスクのパスは、「DeviceID」列を見れば分かる。通常は、「\\.\\\.\PHYSICALDRIVE*」という形式になっている。

ディスクにアクセスする手順は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。