ニュース
» 2020年09月25日 11時00分 公開

データ活用の成功を阻む障壁とは:データとアナリティクスの推進に重視すべき12の役割、ガートナーが発表

ガートナー ジャパンは、サポートやデータ、アナリティクスに関する12の役割を発表した。データとアナリティクスを推進するために重視すべきとし、データ/アナリティクスリーダーは今すぐ検討する必要があると提言している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)は2020年9月24日、データとアナリティクスを推進するために重視すべき12の役割を発表した。同社は「データ/アナリティクスリーダーは、次の12の役割を今すぐ検討する必要がある」と提言している。

 ガートナーは、提言した12の役割を、大きく3つのカテゴリーに分けている。

 1つ目はサポートに関するもので、これには最高データ責任者(CDO)、データ/アナリティクスマネジャー、情報アーキテクト/データアーキテクト、アナリスト、プロジェクトマネジャー、チェンジマネジャーの6つの役割が相当する。

 2つ目はデータ関連で、データエンジニアやリード情報スチュワード、MDM(マスターデータ管理)マネジャーの3つの役割が相当する。

 3つ目はアナリティクスに関するもので、アナリティクスとビジネスインテリジェンス(BI)の開発者や、データサイエンティスト、AI(人工知能)/ML(機械学習)開発者が相当する。

データ活用の成功を阻む障壁とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。