ニュース
» 2020年09月30日 08時00分 公開

AIモデルのブラックボックス化を防ぐ:AIと対話しながらモデルを構築する手法を慶應義塾大学と東京自働機械製作所が共同開発

慶應義塾大学理工学部の桂誠一郎研究室と東京自働機械製作所は、AIによる演算結果を随時確認しながら対話的にモデルを生成できる「バイラテラルAI」の基盤技術を開発した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 慶應義塾大学理工学部の桂誠一郎研究室と東京自働機械製作所は2020年9月28日、「バイラテラルAI」の基盤技術の開発に成功したと発表した。バイラテラルAIは、設計者が用意した要素群を使ってモデルを最適化する手法。

 AI(人工知能)技術には、生成されたモデルがブラックボックス化するという問題がある。バイラテラルAIは演算結果を随時確認しながら対話するようにモデルを生成できるため、出来上がったモデルの意味を明確な数式で表現できるという。

画像 「バイラテラルAI」による対話的設計(出典:慶應義塾大学

人間とAIが相互補完する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。