ニュース
» 2020年09月30日 01時00分 公開

VMworld 2020:VMwareがデータセンター用EDR、SASE、ゼロトラストなどセキュリティで多数の発表、Menlo SecurityやZscalerと提携

VMwareが年次イベント「VMworld 2020」で、データセンターアプリケーション用EDR、ゼロトラストネットワークアクセス、SASEなど、セキュリティ関連の製品やソリューションを多数発表した。Menlo SecurityやZscalerとの提携も注目される。

[三木泉,@IT]

 VMwareは2020年9月29日(米国時間)、仮想マシン用EDR(Endpoint Detection and Response)、ゼロトラストネットワークアクセス、SASE(Secure Access Service Edge)など、セキュリティ関連で多数の製品やソリューションを発表した。Menlo SecurityやZscaler(日本での名称は「ゼットスケーラー」)との提携も注目される。

他のVMworld 2020関連ニュース
VMware、ESXi(の一部)をSmartNICに載せる「Project Monterey」を発表
VMwareがSaltStackを買収、マルチクラウドではKubernetes、マーケットプレイス、統合管理に注力
VMwareがNVIDIAと、AIおよびSmartNICで統合ソリューションを開発

 EDRで知られるセキュリティベンダー、Carbon Blackを2019年に買収したVMwareだが、今回これを他のセキュリティ/ネットワーク製品と統合するなどして、セキュリティ製品群の大幅な拡張を図った。

 まず、データセンター上の仮想マシン/アプリケーション保護では、Carbon Blackの機能を「VMware ESXi」や「VMware Tools」と統合した、「データセンターアプリケーション用のEDR」とも呼べる製品、「VMware Carbon Black Cloud Workload」を2020年11月中に提供開始する。

 Carbon Black Cloud Workloadでは、セキュリティリスクの可視化やポリシー管理、対応を、「VMware vCenter」のコンソールから行えるという。

vSphere Clientからデータセンターアプリケーションのセキュリティリスクを可視化できる

 Carbon Black Cloud Workloadの保護対象は、仮想マシン上のアプリケーション/プロセスに限られない。2020年12月には、Kubernetesワークロードを保護する拡張を提供するという。

 ゼロトラストネットワークアクセスでは、「VMware Secure Access」の拡張を発表した。これは「VMware Workspace ONE」と「VMware SD-WAN」を統合したもの。端末コンプライアンスを確保した上で、安全なリモートアクセスにつなげる。いわゆる「BYOD端末(非管理端末)」に対応した製品は、2021年1月末までに提供開始するという。

 さらにVMwareは、Workspace ONEとVMware SD-WANに、同社では持っていない他社のSecure Web Gateway(SWG)を組み合わせた2 種のSASEソリューションを発表した。

 まず、VMwareは「VMware Cloud Web Security」を2021年4月末までに提供開始すると発表した。これはMenlo SecurityのSWG、CASB(Cloud Access Security Broker)、Webブラウザ分離といった機能を、Workspace ONEおよびVMware SD-WANと組み合わせたもの。VMwareがサービスとして販売し、サポートも一括して行う。

 一方、Zscalerとは優先パートナーとして提携したという。VMwareによる統合サービスになるわけではないが、両社による統合ソリューションを推進していくという。

 端末セキュリティ関連では、他に2つのソリューションを発表した。

 「VMware Workspace Security Remote」はWorkspace ONEにCarbon Blackのエンドポイントセキュリティ機能を組み合わせたソリューション。発表当日に提供開始された。

 もう1つは「VMware Workspace Security VDI」。こちらは「VMware Carbon Black Cloud」とデスクトップ仮想化の「VMware Horizon」を組み合わせたもの。こちらも発表当日に提供開始となった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。