ニュース
» 2020年09月30日 15時30分 公開

オープンソース版もある:Oracle、「Java 15」をリリース

Oracleは、「Java 15」の一般提供を開始した。新機能の「エドワーズ曲線デジタル署名アルゴリズム」(EdDSA)と隠しクラスの追加など、14の主要な機能強化/変更が特徴だ。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Oracleは2020年9月15日(米国時間)、「Java 15」の一般提供を開始したと発表した。Java 15は、2017年9月に発表された6カ月ごとのリリーススケジュールに従った6番目の機能リリースだ。

 Javaは1995年の発表から25周年を迎えている。世界のフルタイム開発者の69%超がJavaを使用しており、世界で510億のアクティブJVM(Java仮想マシン)がデプロイされていることを引き合いに出し、OracleはJavaを「ナンバーワンプログラミング言語」とうたっている。

 OracleはJava 15を、「Oracle OpenJDK 15」と「Oracle JDK 15」という2種類の形で提供している。Oracle OpenJDK 15のライセンスは、オープンソースライセンスである「GPLv2+CPE」(クラスパス例外付きGNU General Public License v2)だ。

 OracleはOracle JDK 15を商用サポートが必要な企業や、Oracle製品、サービスの一部としてOracle JDKを使用する企業向けに商用ライセンスで提供している。Oracle JDK 15はOracleのCPU(Critical Patch Updates)スケジュールに従う。今後「Oracle JDK 16」に取って代わられる前に最低2回更新する予定だ。

 「Java 16」は2021年3月に一般提供を開始する予定だ。「Oracle OpenJDK 16」は既に早期アクセスビルドがjdk.java.netで提供されている。

 Oracle JDKの最新の「長期サポート(Long Term Support:LTS)」リリースは、2018年9月にリリースされた「Oracle JDK 11」で、これに続くLTSリリースとして、「Oracle JDK 17」が2021年9月に登場する予定だ。

Java 15で追加された新機能は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。