ニュース
» 2020年10月01日 08時00分 公開

「老化加工の確かさ」は検証済み:AIで指名手配被疑者の今の姿を予測 ヤフーなど3社がプロジェクト「TEHAI」を始動

ヤフーなど3社は、AIを活用して過去の写真から指名手配被疑者の今の姿を予測するプロジェクト「TEHAI」を始動した。指名手配被疑者の情報提供の促進が目的。指名手配被疑者の検挙に結び付く有力な情報を提供した人には報奨金が送られる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ヤフーと電通デジタル、パーティーの3社は2020年9月30日、AI(人工知能)による画像解析・画像生成技術を活用して過去の写真から今の姿を予測するプロジェクト「TEHAI(てはい)」を始動したと発表した。同年12月31日まで実施する。指名手配被疑者の情報提供の促進が目的で、警察庁から写真や情報提供などの協力を得る。なお3社は、情報提供を呼び掛ける特設サイトも公開した。

画像 Webサイトでは指名手配被疑者の情報提供ができる

 2020年8月末現在、指名手配被疑者は約630人で、そのうち警察庁指定重要指名手配被疑者は12人。TEHAIはこの中で警察庁指定重要指名手配被疑者となっている5人の現在の姿をAIによって予測、Webサイトで公開した。被疑者の顔をクリックすると、被疑者1人当たり9パターンの予測イメージが閲覧できる。Webサイトには、情報提供できる仕組みを用意した。指名手配被疑者の検挙に結び付く有力な情報を提供した人には報奨金が送られる。

「加齢変化が得意なAI」「特徴の抽出が得意なAI」などを組み合わせ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。