ニュース
» 2020年10月01日 16時00分 公開

Windows Serverワークロードの管理を支援:Google、「Google Cloud」でのWindows Server VM管理を容易に

Googleは「Google Cloud」でWindows Serverワークロードの管理を容易にする新機能を発表した。起動画面診断やWindows Serverの自動アップグレード、新しい診断ツール、改良されたライセンスレポートなどがある。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2020年9月17日(米国時間)、「Google Cloud」でのWindows Serverワークロードの管理を容易にするさまざまな新機能を発表した。

 発表された機能は、起動画面診断やWindows Serverの自動アップグレード、新しい診断ツール、改良されたライセンスレポートだ。概要は次の通り。

起動画面診断(β版)

 Windows VM(仮想マシン)のトラブルシューティングをより簡単に実行できるようになった。RDP(Remote Desktop Protocol)が機能しない場合でも、Windows VMの起動画面をスクリーンショットとしてキャプチャーできる。

 起動プロセス中にVMにアクセスできない場合や、破損したディスクイメージを使ってVMを開始しようとした場合、VMからスクリーンショットをキャプチャーすることで、問題を診断しやすくなる。

Google CloudのCloud Console内から、VMのブルースクリーンを直接確認できる(出典:Google)

「Windows Server 2008」の自動アップグレード(β版)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。