ニュース
» 2020年10月02日 16時30分 公開

リポジトリ操作からマージまで:コマンドラインから「GitHub」を利用できる「GitHub CLI 1.0」が公開

「GitHub」をターミナルから利用できるツールの正式版「GitHub CLI 1.0」をGitHubが公開した。GitHubにあるワークフローの全てを「gh」コマンドで実行できる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 GitHubは2020年9月18日、「GitHub CLI 1.0」を公開した。

 GitHub CLIは、ソフトウェア開発プロジェクトの共有Webサービス「GitHub」をターミナルからコマンドを入力して利用するツール。GitHub CLIを使えば、コンテキストの切り替え回数が減るため、作業そのものに集中でき、スクリプトの記述や独自ワークフローの作成も簡素化できると、GitHubは述べている。

 GitHubは2020年2月にGitHub CLIのβ版をリリースしていた。今回の1.0版はWindows、macOS、Linux向けだ。

 GitHub CLI 1.0の特徴は次の通り。

  • イシューからリリースまで、GitHub上のワークフローを全てターミナルから実行できる
  • GitHub APIを呼び出してほぼあらゆるアクションのスクリプトを記述でき、任意のコマンドのカスタムエイリアスを設定できる
  • GitHub.comだけでなく、GitHub Enterprise Serverにも接続できる

豊富なコマンドを利用できる

 GitHub CLIは、イシュー作成からリリースまで、GitHubワークフローの全段階で使用できる。GitHub CLIで使える主なコマンドは次の通り。

  • gh repo clone owner/repo
     作業対象リポジトリのクローンを作成する
  • gh issue statusまたはgh issue list --assignee billygriffin
     次にしなければならない作業を探す
次の作業を探しているところ(出典:GitHub)

プルリクエストを実行するには?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。