ニュース
» 2020年10月02日 16時30分 公開

Linuxカーネルの自動更新も可能に:Microsoft、GUIアプリのサポート時期など「WSL」の最新情報を紹介

Microsoftは「Windows Subsystem for Linux」(WSL)について、最近のアップデートのまとめとともに、追加予定の新機能などの一端を紹介した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年9月22日(米国時間)、公式ブログで「Windows Subsystem for Linux」(WSL)について、ここ数カ月のアップデートのまとめを紹介するとともに、追加予定の新機能や今後の計画の一端を説明した。

WSL 2がWindows 10バージョン1903と同1909でも利用可能に

 「Windows 10 May 2020 Update」(バージョン2004)で提供開始された「WSL 2」が、「Windows 10 May 2019 Update」(バージョン1903)と同「November 2019 Update」(バージョン1909)でも利用可能になった。

WSLでのGUIアプリサポートの最新情報

 MicrosoftはWSLでGUIアプリケーションをサポートする作業を進めている。初期プレビュー版の社内リリースが近づいており、「Windows Insider Program」で数カ月以内に、プレビューリリースを提供開始する見通しだ。

 次の動画は、社内ビルドを使ってWSLでGUIアプリケーションを動かした様子だ。WSLが多様なアプリケーションをサポートする予定であることが分かる。Linux環境で完全に動作するIDE(統合開発環境)も含まれる。

 この動画は、タスクバーに表示されるLinuxアプリケーションのアイコンや、マイクでのオーディオサポートなど、WSLでのGUIアプリケーションサポートがどのようなものなのか、最終イメージを詳細に伝えている。

開発中のWSL新版が動作している様子(出典:Microsoftクリックで再生

 Microsoftは近いうちに動画で示した機能の詳細を明らかにする予定だ。

ディストリビューションのインストールをWindows Insider Programのビルドでサポート

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。