Special
» 2020年10月06日 10時00分 公開

選んだ理由は「安心感」:監視運用のプロが実践した「コストを抑えた監視基盤」の作り方

監視運用サービスを提供する三菱電機インフォメーションネットワークは「監視対象サーバが増え、コストも増加しつつある」という課題に悩んでいた。増加するコストを抑えつつ、監視の一元管理を実現した方法とは。

[PR/@IT]
PR

 デジタル化が進み、企業におけるITの役割が拡大する中、サービスの安定稼働に対するニーズはますます高まっている。安定稼働を実現するためには日々の監視が欠かせない。そこで問題になるのが、ビジネスの拡大に伴って増加する運用担当者の負担だ。

 ビジネスの拡大に応じて監視対象となるサーバやシステムが増加すれば、監視業務を担う運用担当者の負担も増える。だが安定稼働のためとはいえ、「監視の人的リソースを追加できない」という企業は少なくない。監視を支援するサービスは幾つかあるが、監視対象が増え、規模が拡大するにつれて管理は複雑になり、コストも増加しがちだ。こうした理由から運用担当者の負担は増えるばかりだ。

 金融業や流通業、製造業など幅広い業種向けに監視運用サービスを提供している三菱電機インフォメーションネットワークも監視に関する悩みを抱えていた。コストを抑制しつつ、高水準の監視を実現しなければならない。

 この課題に対し、同社が取った手段とは何だったのか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:サイバートラスト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。