ニュース
» 2020年10月05日 08時00分 公開

消費者サービス業界はAI投資に慎重:「世界のAI支出額は今後4年間で倍増する」 IDCが予測

IDC Japanは、世界のAIの支出額に関する予測を発表した。2019〜2024年の年間平均成長率を20.1%と見込み、支出額は2020年の501億ドルから2024年には1100億ドル以上になると予測する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2020年10月1日、世界のAI(人工知能)の支出額に関する予測を発表した。同社はAIに対する世界全体の支出額について2019〜2024年の年間平均成長率(CAGR)を20.1%と見込み、2020年の501億ドルから2024年には1100億ドル以上になると予測する。

画像 IDCのWebページより引用

 IDCは、AI関連の支出額が最も多い業界として小売と銀行を挙げた。小売業界での主な投資分野は「チャットbot」やレコメンデーションエンジンを利用した「カスタマーエクスペリエンスの向上」。これに対して銀行業界は「不正行為の解析と調査」「プログラムアドバイザー/レコメンデーションシステム」が中心だ。

 2024年までの期間でAI支出額の伸びが最も大きい業界は、メディア、連邦/中央政府、プロフェッショナルサービスになる見通しだ。

米国が半分以上のシェアを獲得

 分野別に見ると、ソフトウェアとサービスが、2020年のAI支出額全体のそれぞれ3分の1以上を占める。残りがハードウェア支出になる見通しだ。IDCによると、ソフトウェア支出額の中で最も大きな比率を占める項目は「AIアプリケーション」で141億ドル、サービス支出は「ITサービス」で145億ドルになるという。ハードウェア支出は「サーバ」が大半を占め、112億ドルの見込み。一方、成長率が最も高いと見込まれるのは「ソフトウェア」だった。

 地域別ではシェアの多い順に米国、次いで西ヨーロッパ、中国。米国は半分以上のシェアを占め、小売業界と銀行業界が市場のけん引役になる。西ヨーロッパは小売業界と銀行業界の他、組立製造業。中国は国/地方政府、銀行、プロフェッショナルサービスがそれぞれ主力となる。成長率は、日本(CAGRは32.1%)とラテンアメリカ(同25.1%)の支出拡大が見込まれる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。