連載
» 2020年10月07日 05時00分 公開

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(123):ワンストップで利用可能なAzure上のVMware環境「Azure VMware Solution」が正式リリース

Microsoftは2020年9月22日(米国時間)、既存のVMware環境とのシームレスな統合を可能にするMicrosoft Azure上のVMware環境、「Azure VMware Solution」の一般提供を発表しました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

Azure VMware Solution(AVS)とは?

 Microsoftは2020年9月22〜24日(米国時間)に開催したバーチャルイベント「Ignite 2020」で、2020年年5月からプレビュー提供していた「Azure VMware Solution(AVS)」の一般提供を発表しました。9月末時点ではプレビュー提供されていた米国、オーストラリア、欧州の一部のリージョンでのみ利用可能なサービスですが、今後、日本を含むその他のリージョンに拡大されていくでしょう。利用可能なリージョンは、Azureの価格ページで確認できます。

画面1 画面1 AVSの一般提供開始時点では、日本リージョンでは利用できないが、近い将来、提供予定

 AVSは本連載第108回で紹介したように、以前からプレビュー提供されてきた「Azure VMware Solution by CloudSimple」を置き換えるもので、MicrosoftとVMwareのパートナーシップに基づいてワンストップで提供されるサービスです。

 AVSは、Azureのインフラストラクチャと「VMware Cloud Foundation(VCF)」テクノロジーで構築されたクラウド上のVMware環境です。VMwareによって認定され、Microsoftがサポート窓口となり、MicrosoftとVMwareの両社のエンジニアが共同で問題解決に向けて対応します。

 VCFは「VMware vSphere(ESXiおよびvCenter)」「VMware vSAN」「VMware NSX-T」「VMware HCX」といったコンポーネントで構成され、AVSはこれらのコンポーネントが定義済みのプライベートクラウド環境を数時間で利用可能にします。VMware HCXにより、オンプレミスの既存のVMware環境を、IPアドレスを維持したままシームレスに統合し、ダウンタイムなしで仮想マシンを双方向に移動(vMotion)可能です。管理コンソールは、使い慣れた「vSphere Web Client」を利用できます。

Azureの利点、AVSの利点

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。