ニュース
» 2020年10月09日 08時00分 公開

しなやか企業と硬直企業:「人材マネジメントが柔軟な企業ほど新型コロナに対応できている」 NRIが調査結果発表

野村総合研究所が実施した人材マネジメントの柔軟性と新型コロナウイルス感染症の会社業績への影響と対応に関する調査によると、人材マネジメントが柔軟な企業ほど、新型コロナウイルス感染症に対応できていた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 野村総合研究所(以下、NRI)は2020年10月5日、人材マネジメントの柔軟性と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の会社業績への影響と対応に関する調査結果を発表した。それによると、人材マネジメントが柔軟な企業ほど、COVID-19に対応できており、同感染拡大後の業績見通しについても底堅い傾向にあった。

 今回の調査は、2020年7月に実施したもので、人材マネジメントの柔軟性について「報酬体系」「評価運用」「任用・配置」「人材・組織」「労務環境」の5項目に関する質問を各5段階評価で聞いた。対象は全国の企業の人事・労務担当の部長・役員と人事企画担当者。206社から有効回答を得た。

 NRIは、これらの質問に対する回答の平均点が4以上の企業を「しなやか企業」、平均点2以下の企業を「硬直企業」と定義した。しなやか企業は硬直企業に比べて業績と業績見通しが維持または好調となっており、COVID-19への対応も「十分に対応できている」と回答した割合が高かった。

画像 人材マネジメントの柔軟性についての回答(出典:NRI

「人材マネジメントが柔軟な企業ほど新型コロナに対応できている」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。