ニュース
» 2020年10月09日 16時00分 公開

小規模な異常を実システムに与える:Kubernetes向けカオスエンジニアリングプラットフォーム「Chaos Mesh 1.0」が公開

Kubernetes環境に対応したオープンソースのクラウドネイティブなカオスエンジニアリングプラットフォーム「Chaos Mesh 1.0」の一般提供が始まった。小規模な異常を実システムに与え、複雑なシステムの脆弱(ぜいじゃく)性や弱点を発見する手助けになる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Chaos Meshのメンテナは2020年9月25日(米国時間)、Kubernetes環境でカオスオーケストレーションを実行するオープンソースのクラウドネイティブなカオスエンジニアリングプラットフォーム「Chaos Mesh 1.0」の一般提供開始を発表した。

 カオスエンジニアリングとは、小規模な異常(フォールト)を実システムに与え、複雑なシステムの脆弱(ぜいじゃく)性や弱点を発見する手法だ。

 Chaos Meshは、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)でホストされているサンドボックスプロジェクト。CNCFは、クラウドネイティブアプリケーションの開発運用関連のオープンソースプロジェクトをホストするなどの活動を進めている団体だ。

 Chaos Meshは、分散データベース「TiDB」のテストフレームワークとして開発が始まっており、分散システムで発生する可能性がある障害が考慮されている。Chaos Meshが提供する包括的なフォールトタイプはPod(コンテナの集合)やネットワーク、システムI/O、カーネルをカバーしている。

Chaos Meshのデモ(出典:The Linux Foundation、クリックで再生)

Chaos Meshの特徴は使いやすさとKubernetes対応

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。