ニュース
» 2020年10月13日 08時00分 公開

導入シェアトップは大塚商会:「データをどう連携するか」から「どうやってデータを活用するか」に課題が変化 ノークリサーチがERP活用に関する調査

ノークリサーチは、中堅中小企業を対象としたERP活用の実態と展望に関する調査の結果を発表した。導入シェアトップ3は、大塚商会の「SMILEシリーズ」、富士通の「GLOVIA smart/iZ/SUMMIT」、SAPジャパンの「SAP ERP/SAP Business All-in-one」だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ノークリサーチは2020年10月12日、年商500億円未満の中堅中小企業1300社を対象としたERP(Enterprise Resource Planning)活用の実態と展望に関する調査の結果を発表した。今回の調査では、これまでとは異なり「導入を予定している企業」も対象とした。

 導入済みまたは新規導入を予定しているERPを聞いたところ、上位3製品は大塚商会の「SMILEシリーズ」、富士通の「GLOVIA smart/iZ/SUMMIT」、SAPジャパンの「SAP ERP/SAP Business All-in-one」だった。

画像 導入済み、新規導入を予定しているERP(出典:ノークリサーチ

【訂正:2020年10月13日午前11時22分】初出時、小見出しと本文にて「SAP ERPからSAP HANAへの移行が企業全体で少ない」と誤解を与える表現になっておりました。正しくは「関連会社や取引先の影響によってSAP ERP導入していた中堅・中小企業についてはSAP HANAへの移行が少ない」でした。お詫びして訂正いたします(編集部)。

「お付き合い導入」の中堅・中小企業は他の手段を検討

 前回の調査まではSAP ERP/SAP Business All-in-oneがシェア首位となる状況が続いていた。同製品は2027年にサポートが終了するが、ノークリサーチによると「関連会社や取引先の影響によって同製品を導入してきた中堅・中小企業については後継製品への移行ではなく、他のERP製品に乗り換えるだろう。後継製品である『SAP S/4HANA』を導入予定と回答した割合(2.3%)が、導入済みと回答した割合(5.7%)と比べて低いことからも裏付けられる」としている。

 2020年のトップになった大塚商会のSMILEシリーズは、導入済みと回答した割合(27.1%)よりも導入予定と回答した割合(31.0%)の方が高い。ノークリサーチは「今後も導入社数シェアを伸ばす可能性がある」としている。

「データをどう連携するか」から「どうやってデータを活用するか」へ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。