連載
» 2020年10月16日 05時00分 公開

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(124):Azure App ServiceがWindowsコンテナを正式サポート、スケーラビリティとコスト効率を兼ね備えた新料金プランも登場

2020年9月22日(米国時間)、Azure App ServiceのWindows Serverコンテナのサポートが一般提供になりました。また、2020年10月9日(米国時間)から、従来プランよりも高いスケーラビリティを備え、コスト効率の良いApp Serviceの新料金プラン「Premium V3(Pv3)」が利用できるようになりました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

App ServiceにおけるWindowsコンテナ対応の一般提供開始

 Microsoftは2020年9月22〜24日(米国時間)に開催したバーチャルイベント「Ignite 2020」に合わせ、「Azure App Service」におけるWindows Serverコンテナ(以下、Windowsコンテナ)サポートの一般提供を発表しました。一般提供になったことで、これまでの50%のプレビュー割引料金は適用されなくなることに留意してください。

 App Serviceのコンテナ対応は「Web App for Containers」とも呼ばれ、LinuxまたはWindows ServerのDockerコンテナをデプロイして、アプリを素早く実行できるものです。Linuxコンテナのサポートは早くから一般提供されていましたが、本連載第76回で紹介したようにWindowsコンテナは評価用のプレビュー提供でした。Windowsコンテナのサポートが一般提供されたことで、ようやく運用環境での利用が可能になりました。

 App Serviceを利用してWindowsコンテナをデプロイするには、「Webアプリ」のリソースを作成し、リソースグループ、インスタンス名を指定して、公開オプションとして「Dockerコンテナー」、オペレーティングシステムとして「Windows」を選択します(画面1画面2)。また、デプロイ先のAzureリージョン(地域)と料金プラン(App Serviceプラン)を指定します。

画面1 画面1 「Webアプリ」のリソースを作成する
画面2 画面2 公開「Dockerコンテナー」、オペレーティングシステム「Windows」を指定する

 2020年9月末時点で利用可能なリージョンは、米国東部(East US)、米国西部(West US)、米国中西部(West Central US)、北ヨーロッパ(North Europe)、西ヨーロッパ(West Europe)、オーストラリア東部(Australia East)、東南アジア(Southeast Asia)です。また、Windowsコンテナの作成には、「PC2 Premiumコンテナ」(Azure Compute Unit合計320、8GBメモリ、Dv3計算能力)以上の料金プランが必要です。その他のリージョンを選択することも可能ですが、最終段階でデプロイに失敗します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。