ニュース
» 2020年10月16日 15時30分 公開

開発者ツールの「要素」と「ネットワーク」に対応:「VS Code」内から「Microsoft Edge」の開発者ツールが利用可能に

Microsoftはオープンソースコードエディタ「Visual Studio Code」向けの拡張機能「Microsoft Edge Tools for VS Code」の一般提供を開始した。Webアプリケーションやサービスを開発する際にツールを切り替える必要がなくなり、開発者の負担も減るという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年10月1日(米国時間)、オープンソースコードエディタ「Visual Studio Code」(以下、VS Code)向けの拡張機能「Microsoft Edge Tools for VS Code」(以下、Edge Tools for VS Code)の一般提供開始を発表した。

 開発者は「Microsoft Edge」ブラウザの「開発者ツール」に含まれる「要素」ツールと「ネットワーク」ツールをVS Codeに組み込める。

Edge Tools for VS Code拡張機能を使っているところ VS Codeでサーバに接続してヘッドレスブラウザを開き、DOM要素を選択した後、CSSを編集している(出典:Microsoftここをクリックして再生

 Visual Studio Marketplaceからダウンロードするか、VS Code内からインストールして拡張機能を利用できる。

開発者ツールをエディタに組み込む理由とは

 Webアプリケーションやサービスを開発する際のワークフローでは、ルック&フィールの調整が大きな比重を占める。そのために使われるのがWebブラウザの開発者向けツールだ。だが、開発時にWebブラウザのツールとコードエディタの間を頻繁に行き来すると、効率が悪くなり、開発者の負担も大きい。この課題を解決するために、Microsoftはエディタ内から開発者ツールを使えるようにした。

ヘッドレスとフルブラウザモードがある

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。