ニュース
» 2020年10月20日 08時00分 公開

「出勤がないことでメリハリを付けにくい」:テレワークによって発生した「集中できない時間」は1週間で計15.5時間 Skyがテレワークに関する意識調査

Skyが実施した「テレワークに関する意識調査」によると、88.5%が「セキュリティシステム」を今後導入したいと回答する一方で、勤怠管理に「課題を感じた」との回答は約70%を占めた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Skyは2020年10月19日、「テレワークに関する意識調査」の結果を発表した。対象は全国の20〜60歳代のビジネスパーソン。それによると、88.5%が「セキュリティシステム」を今後導入したいと回答する一方で、勤怠管理に「課題を感じた」との回答は約70%を占めた。

機密情報漏えいリスクに対する意識は8割以上

 今回の調査で、「情報漏えいのリスクを意識して働いていた」と回答した割合は88.8%に上った。社外のインターネット接続を使用することに不安を感じると回答した一般社員は49.5%を占めた。

 管理職を対象に、テレワークを実施する上で優先して導入すべきだと考えるシステムを聞くと、「セキュリティシステム」と回答した割合が最も高く、88.5%(複数回答、以下同)だった。次いで、「オンライン会議システム」が61.5%、「勤怠管理システム」が50.5%だった。

画像 管理職に聞いた「テレワークを実施する上で、優先して導入すべきシステムは何か」(出典:Sky

「テレワークで時間外労働が増えた」は22.8%

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。