ニュース
» 2020年10月23日 08時00分 公開

稼働音や空調など「環境音のブレ」に対応:製品の打音や設備の稼働音から異常を検知するAIを活用したサービス 日立が提供開始

日立製作所は「製品の打音や設備の稼働音などの音響データから異常音を検知するソリューション」として2つのサービスを販売する。収集した音響データを、日立が独自に開発した音響解析技術で処理し、製品不良や設備故障による異常音を検知する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 日立製作所(以下、日立)は2020年10月22日、「製品の打音や設備の稼働音などの音響データから異常音を検知するソリューション」として「IoTデータモデリングサービス」と「設備点検自動化サービス」を販売すると発表した。製造現場での製品検査や設備保全が対象。2021年4月に提供を開始する。

 収集した音響データを、日立がAI(人工知能)を活用して独自に開発した音響解析技術で処理し、製品不良や設備故障による異常音を検知する。従来、検査員の経験に頼っていた聴音点検を効率化できる。

画像 サービスの概要図(出典:日立製作所

製品検査と設備保全に活用

 2つのサービスは用途によって使い分ける。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。