ニュース
» 2020年10月29日 08時00分 公開

「作ってみたら解決すべき課題が間違っていた」を抑止:新規開発の不確実性を軽減する「仮説検証型アジャイル開発」の支援サービスを提供 Relicとレッドジャーニー

Relicとレッドジャーニーは、顧客のデジタル領域での新規事業創出やデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の強化に向けて業務提携した。「仮説検証型アジャイル開発」を推奨し、必要な支援をする。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Relicとレッドジャーニーは2020年10月29日、顧客のデジタル領域での新規事業創出やデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の強化に向けて業務提携したと発表した。

 両社は「事業や製品、サービスの新規開発には不確実性が伴うため、初期段階から多大な投資をしてしまうと、最悪の場合はプロジェクトが頓挫してしまう」と指摘する。こうした不確実性を軽減するために、レッドジャーニーは「仮説検証型アジャイル開発」を提唱。これは対象となる状況や問題について仮説を立てて、検証し、学習に基づいて製品を実装するアプローチだ。

 今回の提携で両社は、価値探索フェーズ「正しいものを探す」とアジャイル開発フェーズ「正しくつくる」に分けられる仮説検証型アジャイル開発の各フェーズを支援する。

画像 Relicとレッドジャーニーが支援する「仮説検証型アジャイル開発」のイメージ

適切なプロトタイピング手法を活用し、大きな手戻りや仕様変更を抑止

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。