ニュース
» 2020年10月30日 13時00分 公開

仮想エクスペリエンスの台頭から新しいコンピューティングの登場まで:2021年以降にIT部門やユーザーに影響を与える10の動向、Gartnerが予測

Gartnerは2021〜2025年にIT部門やユーザーに大きな影響を与える10の動向について予測を発表した。世界はこれまで以上に速いペースで動いており、今後10年間に従来なかった技術アプローチによって、抜本的なイノベーションが起こるという見通しを示した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Gartnerは2020年10月21日(米国時間)、2021〜2025年にIT部門やユーザーに大きな影響を与える10の動向について予測を発表した。

 Gartnerのディスティングイッシュトリサーチバイスプレジデント兼フェローのダリル・プラマー氏は、現状認識と今後の展望を次のように要約している。「従来の技術は限界に達しつつあり、コンピューティングは壁にぶつかっている。世界の動きはかつてないほど速くなっており、デジタルイノベーションニーズに技術とプロセスが対応していくことが極めて重要になる。今後10年間、従来にない技術アプローチによって抜本的なイノベーションが起こることをCIO(最高情報責任者)は期待できる」

 「“全てのもののリセット”につながる将来の技術には、3つの共通点がある。『企業におけるイノベーションの拡大や効率向上を促進する』『代替技術よりも効果的である』『社会を変えるインパクトを与える』ことだ」(プラマー氏)

 10の予測の概要は次の通り。

(1)2024年までに従来型の大企業に属するCIOの25%が、デジタルビジネスの業績に責任を持ち、デジタルビジネスのCOO代理を実質的に務めることになる

 生粋のデジタル企業では、COO(最高執行責任者)がより目覚ましい役割を果たすようになっている。COOはデジタルビジネスの成功に不可欠な存在だ。ビジネスだけではなくビジネスを取り巻くエコシステムも理解しているからだ。技術のビジネス効果を促進する深い技術知識を持つCIOは、COOの役割の一部を引き受け、ビジネス目標に技術を融合させることで、企業の成果を高めることができる。

(2)2025年までに仕事上の会話の75%が記録、分析されて、組織の付加価値やリスクを見つけるために用いられる

 リアルタイムの対面コミュニケーションから、クラウドベースの会議ソリューションやメッセージングプラットフォーム、仮想アシスタントを利用したものに仕事上の会話がシフトしている。大抵の場合、こうしたツールは会話のデジタル記録が可能だ。職場での会話の分析が法令順守に加えて、将来の業績や行動の予測にも利用されるようになる。こうしたデジタル監視技術の利用拡大に伴い、プライバシー権を前面に押し出す倫理的な議論や活動が重要になる。

(3)2025年までに従来のコンピューティング技術が壁にぶつかり、ニューロモーフィックコンピューティングのような新しいパラダイムへのシフトを迫られる

 現在のコンピューティング技術のままでは、重要なデジタルプロジェクトを成功に導くことができなくなる。大量のコンピューティングパワーを要求するAI(人工知能)やコンピュータビジョン、音声認識といった技術が広く使われるようになり、汎用(はんよう)プロセッサは、これらの技術によるデジタルイノベーションに適さなくなる。

 「近い将来に台頭する先進的コンピューティング技術として、エクストリーム並列処理やDNN(ディープニューラルネットワーク)オンチップ、ニューロモーフィックコンピューティングなどが挙げられる。長い目で見ると、プリンテッドエレクトロニクスやDNAストレージ、化学コンピューティングといった技術が、幅広いイノベーションの機会を生み出すだろう」(プラマー氏)

(4)2024年までにデジタル企業の30%は、データ量の急激な増加に既存ストレージ技術が追い付かなくなるという危機感に駆られて、DNAストレージの試験運用に乗り出す

 コンピューティングニーズの進化を背景に、複雑で過酷な環境における根本的な適応力や復元力を持つ高度なストレージシステムが必要になる。DNAは本質的に復元力があり、エラーチェックや自己修復が可能であるため、そうしたシステムで使われる幅広いアプリケーションに最適なストレージプラットフォームやコンピューティングプラットフォームになる。

(5)2025年までに物理的なエクスペリエンスをベースとした企業の40%は、仮想エクスペリエンス販売への進出を通じて業績を高め、競合他社をリードするようになる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。