ニュース
» 2020年10月30日 16時30分 公開

設定エディタや固定されたタブを改善:「Visual Studio Code」の「September 2020」リリース(バージョン1.50)が公開

Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「September 2020」リリース(バージョン1.50)を公開した。設定エディタや固定されたタブ、デバッグ、拡張機能作成などの機能を強化した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年10月8日(米国時間)、WindowsやLinux、macOSに対応するクロスプラットフォームのエディタ「Visual Studio Code」(以下、VS Code)の最新版「September 2020」リリース(バージョン1.50)を公開した。

 VS Codeバージョン1.50では設定エディタや固定されたタブ、デバッグ、拡張機能作成、アクセシビリティーなどについて機能を追加、改善した。

設定エディタのフォーカスを改善

 設定リストをVS Codeにある他のリストのように操作できるようになった。検索バーから下向き矢印を押して設定行にフォーカスすると、矢印キーを使って設定リスト内でフォーカスを移動できるようになった。

 設定を編集するには[Enter]キーを押して、設定行のコントロールにフォーカスをセットすればよい。

設定エディタでフォーカスを移動しているところ(出典:Microsoft、クリックで再生)

固定されたタブを改良

 新しい「workbench.editor.pinnedTabSizing」設定を使って、固定されたタブの外観を構成できるようになった。外観は3種類ある。

  • normal 固定されたタブが固定されていないタブの外観を継承する(新しい既定値)
  • shrink 固定されたタブがエディタ名の一部を示すコンパクトな固定サイズに縮小される
  • compact 固定されたタブがコンパクト形式でアイコンまたはエディタ名の最初の文字のみを表示する

 これまでのバージョンで採用されていた固定されたタブの外観が気に入っている場合は、workbench.editor.pinnedTabSizing設定を「compact」に構成すればよい。

 固定されたタブはピンの形の新しいアイコンも表示するようになった。このアイコンをクリックすると、固定状態を解除できる。このアイコンは「開いているエディタ」ビューにも表示される。

固定されたタブの外観(出典:Microsoftここをクリックして再生

Linux Armビルドの提供を開始

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。