ニュース
» 2020年11月04日 13時00分 公開

配色やペイン、「wt」コマンドとの併用など:Microsoftが紹介する「Windows Terminal」のカスタマイズや活用のコツ

Microsoftは、「Windows Terminal」のカスタマイズ方法やさまざまな活用のコツを紹介したブログ記事を公開した。初期起動時の設定内容やプロファイル設定、配色、ペインなどに触れている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年10月15日(米国時間)、オープンソースのターミナルアプリケーション「Windows Terminal」のカスタマイズ方法やさまざまな活用のコツを公式ブログで紹介した。

 Windows Terminalの正式版は2020年5月に公開されており、2020年11月時点のバージョンは1.3(Windows Terminal Previewはバージョン1.4)だ。

初回の起動時には何が起こるのか

 Windows Terminalをインストールして初めて起動すると、「Windows PowerShell」のプロンプトが表示される。Windows TerminalにはデフォルトでWindows PowerShellやコマンドプロンプト、「Azure Cloud Shell」のプロファイルが付属している。ドロップダウンメニューからこれらのプロファイルにアクセスできる。

 「Windows Subsystem for Linux」(WSL)ディストリビューションがインストール済みの場合は、ディストリビューションのプロファイルも自動的に作成される。Windows Terminalのインストール後にWSLディストリビューションをインストールした場合は、次にWindows Terminalを起動したときに、ディストリビューションのプロファイルが自動的に作成される。

 ドロップダウンメニューでは、これらのディストリビューション名の左にLinuxの公式マスコット「Tux」のアイコンが表示される。設定を編集することで、各ディストリビューションに合うようにアイコンを変更することもできる。

どの程度カスタマイズできるのか

 Windows Terminalには配色(カラースキーム)やキーボードショートカットなど、多数のデフォルト設定が用意されている。デフォルト設定ファイル(settings.json)の内容を表示するには、ドロップダウンメニューから[設定]をクリックするか、[Ctrl]+[,]キーを押す。

 設定を各プロファイルエントリーに個別にコピーしなくても、全てのプロファイルに一括して設定を適用できる。それには、設定ファイルの「profiles」オブジェクト内の「defaults」配列に設定を追加すればよい。「Windows ターミナル」ドキュメントの「Windows ターミナルでのプロファイル設定」ページには、使用可能な全てのプロファイル設定がまとまっている。

"profiles":
    {
        "defaults":
        {
            // Put settings here that you want to apply to all profiles.
            "fontFace": "Cascadia Code"
        },
        "list":
        []
    }

カスタム配色を使うには

 Windows Terminalにはデフォルトでさまざまな配色が用意されている。配色に関しては限りないバリエーションがあり、膨大なサンプルが「terminalsplash.com」に投稿、公開されている。「terminal.sexy」はカスタム配色を作成したい場合に便利なツールだ。

 「PowerToys」の「Color Picker」を使えば、カスタム配色をバックグラウンド画像に合わせやすい。PowerToysは、パッケージ管理コマンド「winget」を使って、次のコマンドでインストールできる。

winget install powertoys
カスタム配色を試しているところ(出典:Microsoft、クリックで再生)

コマンドラインをカスタマイズするには

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。