ニュース
» 2020年11月05日 08時00分 公開

頼りたいのは、人ではなく「ロボットやAI」:61%が「2020年は最もストレスを感じる」と回答 日本オラクルがコロナ禍の働き方とAI利用に関する調査

日本オラクルは、コロナ禍の日本における働き方とAI(人工知能)利用実態に関する調査の結果を発表した。2020年は最もストレスを感じる年だと回答した割合は61%。メンタルヘルス支援として、人よりもロボットを望む割合が高かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 日本オラクルは2020年11月4日、コロナ禍の日本における働き方とAI利用実態に関する調査の結果を発表した。それによると「2020年は最もストレスを感じる年だ」と回答した割合は61%だった。

画像 日本オラクルのWebページから引用

頼りたいのは人ではなく「ロボットやAI」

 今回の調査で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるストレスと不安の増加が、日本の従業員にメンタルヘルス面で悪影響を及ぼしていることが明らかになった。悪影響を受けていることとして、「ストレスの増加」と回答した割合は37%、「ワークライフバランスの喪失」は30%、「社交がないことによる気力減退」は20%、「極度の疲労(燃え尽き症候群)」は16%だった。

 COVID-19のまん延によって新たに生じたプレッシャーとしては、「業績基準の達成」を挙げた割合が48%、「不公平な報酬」が39%、「薄いチーム関係」が39%、「職場でのバイアス」が38%、「退屈なルーティーン作業の処理」が38%、「管理不可能な仕事量のやりくり」が35%、「マネジャーサポートの欠如」が33%、「上司からの非現実的な期待」が30%だった。

 こうした新たなストレスに対して、従業員はメンタルヘルスへの支援を求めていることが分かった。「自分の会社が今以上に従業員のメンタルヘルスを守る必要がある」と回答した割合は74%に達し、33%の企業は実際にメンタルヘルス支援を追加した。

 ただし、頼りたいのは人ではなく「ロボットやAI」のようだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。