連載
» 2020年11月06日 05時00分 公開

Windows PowerShell基本Tips(20):【 Get-PSDrive 】コマンドレット――PowerShellで利用可能なドライブの情報を取得する

本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回「Get-PSDrive」コマンドレットを解説です。

[国井傑(Microsoft MVP for Directory Services),株式会社ソフィアネットワーク]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows PowerShell基本Tips」のインデックス

連載目次

 本連載では、Windows PowerShellの基本的なコマンドレットについて、基本的な書式からオプション、具体的な実行例までを分かりやすく紹介していきます。今回は、PowerShellで利用可能なドライブの一覧を取得する「Get-PSDrive」コマンドレットです。

Get-PSDriveコマンドレットとは?

 「Get-PSDrive」は、PowerShell内で利用可能なドライブの一覧を取得するコマンドレットです。一般的に「ドライブ」といえば、CドライブやDドライブなどのディスクドライブを指しますが、PowerShellでは「レジストリ」や「証明書ストア」などにもドライブが設定されているため、ファイルシステムと同じように「Set-Location」コマンドレットでディレクトリを移動したり、「Get-ChildItem」コマンドレット(本連載第1回)でカレントディレクトリ内のコンテンツ一覧を参照したりすることができます。


Get-PSDriveコマンドレットの書式

Get-PSDrive [オプション]



Get-PSDriveコマンドレットの主なオプション

オプション 意味
-Name 参照したいドライブを指定する。省略可能
-PSProvider 参照したいドライブのプロバイダーを指定する。省略可能


Cドライブのディスク容量の状況を確認する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。