ニュース
» 2020年11月06日 08時00分 公開

「ボランティアの高齢化」がきっかけ:交差点の「ヒヤリハット度」をAIがリアルタイム計測 金沢工業大学の中沢実研究室が実証実験

金沢工業大学工学部情報工学科の中沢実研究室は、AIセンサーの社会実証実験を金沢市内で実施する。交差点での車の侵入速度や退出速度、車間距離などの変化を認識し、交差点でのヒヤリハット度を算出する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 金沢工業大学工学部情報工学科の教授を務める中沢実氏の研究室は2020年11月4日、AI(人工知能)センサーの社会実証実験を同年11月10日に金沢市内の四十万町交差点で実施すると発表した。

 中沢実研究室は、「市民の安全安心を提供する画像・音声認識を用いたAIセンサーシステム」を開発している。このシステムは画像認識技術と音響認識技術を実装したAIセンサーユニットによって、車やバイク、自転車、人をリアルタイムに捉え、エンジン音やブレーキ音、子どもの声などの発生位置を把握する。

画像 画像認識を用いて車の交差点への進入速度や退出速度、車間距離を計測

高齢化したボランティアに代わるAIサービス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。