ニュース
» 2020年11月09日 08時00分 公開

「CIOが機会をつかむための4つの方法」とは:コロナ禍でもデジタル技術に重点投資 ガートナーが「2021年CIOアジェンダ・サーベイ」の結果を発表

ガートナー ジャパンは、CIOを対象にした調査「2021年CIOアジェンダ・サーベイ」の結果を発表した。新型コロナウイルス感染症がまん延した中でも、先進企業はデジタルイノベーションを加速させ、先進技術を活用しようとしていることが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)は2020年11月5日、世界74カ国の1877人のCIO(最高情報責任者)を対象にした調査「2021年CIOアジェンダ・サーベイ」の結果を発表した。今回の調査結果によると先進企業は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がまん延した中でもデジタルイノベーションを加速させ、先進技術を活用しようとしていることが分かった。

画像 COVID-19による企業の変化(出典:ガートナー ジャパン

 今回の調査でガートナーは「CIOがデジタルビジネスの加速と長期的な俊敏性の獲得の両方を成功させる4つの方法」が分かったという。

戦法を変える

 1つ目は「顧客がデジタルなやりとりを望むよう変わりつつあることに備えること」。今回の調査で、先進企業はデジタル技術を活用して、新たな製品やサービスの導入を加速し、顧客にアプローチしていることが分かった。先進企業10社のうち9社がデジタルによるアプローチを追求しており、その約4分の3がデジタル製品の導入スピードを高めている。

 ガートナーは、「顧客へのアプローチにデジタル技術の活用を増やすと、先進企業になる可能性は3.5倍高くなる」としている。Gartnerのアナリストでディスティングイッシュト バイス プレジデントを務めるAndy Rowsell-Jones(アンディ・ラウゼル・ジョーンズ)氏は、「先進的な企業は、デジタルビジネスに総力を挙げて取り組んでおり、それを可能にする能力の開発を進めている」と述べている。

増幅力を解き放つ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。