ニュース
» 2020年11月09日 13時00分 公開

プロトタイピングや短期的な開発タスクに向く:Google Cloud開発者向けの「Cloud Shell Editor」、Googleが新バージョンを発表

Googleは「Cloud Shell Editor」の新バージョンを発表した。Google Cloud向けのインタラクティブシェル環境「Cloud Shell」をオンライン開発で使いやすいように拡張した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2020年10月30日(米国時間)、「Cloud Shell Editor」の新バージョンを発表した。IDE(統合開発環境)プラットフォーム「Eclipse Theia」をベースにしており、ide.cloud.google.comでプレビュー版を利用できる。

 Googleの目標はCloud Shell Editorを使ってWebブラウザから直接、簡単に開発できるようにすること。新しいクラウド技術の探索やアプリケーションのプロトタイピング、短期的な開発タスクが対象だ。

 開発環境のセットアップやライブラリの探索、依存関係の確認が不要になる他、ドキュメントやIDE、コンソールを切り替えて開発する必要がなくなる。

 Cloud Shell Editorの新バージョンは、Webブラウザからコマンドラインを使ってGoogle Cloudリソースに直接アクセスできるインタラクティブシェル環境「Cloud Shell」を拡張する。オンライン開発環境として次のような特徴がある。

  • Cloud Codeプラグインのサポートによるクラウドネイティブ開発
  • Go、Java、.NET、Python、Node.jsの言語サポート
  • 統合されたソース管理や複数プロジェクトのサポートなどの追加機能
Cloud Shell Editorの画面の内容(出典:Google

 Cloud Shell Editorの開発VM(仮想マシン)には、Google Cloudでクラウドネイティブ開発を始める際に必要な全てのツールが、あらかじめ構成されている。主なツールは次の通り。

  • Kubernetesとサーバレス用のローカルエミュレーター
  • クラウドネイティブアプリケーションを操作するためのコマンドラインツール

 Cloud Shell Editorはローカルでの設定が不要で豊富な機能を備えた開発ツールであり、Webブラウザから直接利用できる。次のように他のGoogle Cloud開発者向けエコシステムと統合されている。

インタラクティブなチュートリアルのサンプルもある

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。