Special
» 2020年11月09日 10時00分 公開

従来型のAPMによる監視や管理はもう限界:いまマイクロサービスに必要とされる新たな監視手法、どう実践すればよい?

コンテナ/マイクロサービスの活用は企業のビジネス推進に不可欠となり、それらの「監視・管理」がますます重要視されるようになった。では、現代のビジネスを支えるための監視・管理体制の構築、実践のポイントはどこにあるのだろうか。

[PR/@IT]
PR

 アプリケーション開発で求められるアーキテクチャが大きく変化する中、監視・管理でも新しい手法が求められるようになってきた。従来のアプリケーションはオンプレミスの基盤を中心に信頼性と堅牢(けんろう)性を重視して構築されることが一般的だった。だが、近年はクラウドを中心に、「迅速性」と「拡張性」を重視して構築されることが増えてきた。

 アプリケーションの監視・管理は、サーバやネットワークが固定的に構成されたインフラのリソースや障害を監視・管理するアプローチから、マルチ/ハイブリッドクラウドやマイクロサービスのパフォーマンスを監視・管理し、ユーザー体験(UX)や顧客体験(CX)を向上させるアプローチへとシフトしてきている。いわゆる「アプリケーションパフォーマンス管理(APM)」の重要性が高まってきたのだ。

 企業でデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが加速する中、APMの重要性はますます高まっている。サービスリリースを迅速化させるDevOpsやサービスの信頼性を向上させるSRE(Site Reliability Engineering)の取り組みとともに議論される機会も増えてきた。

 企業は、こうしたAPMの変化をどう捉え、自社の戦略に組み込んで実践していけばよいのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:Splunk Services Japan合同会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。