ニュース
» 2020年11月13日 08時00分 公開

パトロール車両で手軽に道路劣化診断:「ドライブレコーダーを付けて走るだけ」で路面劣化を診断するAIサービスをNECが提供開始

NECは、クラウド型道路劣化診断サービス「くるみえ for Cities」の提供を開始する。ドライブレコーダーの映像と加速度センサーの情報から、路面のひび割れ状況や「平たん性」などをAIによって分析する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 NECは2020年11月12日、クラウド型道路劣化診断サービス「くるみえ for Cities」の提供を開始すると発表した。同サービスは、ドライブレコーダーの映像とドライブレコーダーに搭載した加速度センサーで取得した情報をAI(人工知能)で分析することで、路面のひび割れ状況や「平たん性」などを調査する。

画像 AIによる路面のひび割れ状況検知のイメージ(出典:NEC

「ドライブレコーダーを付けて走るだけ」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。