ニュース
» 2020年11月16日 08時00分 公開

「既存の治療薬よりも効果がある化合物が見つかった」:化合物スクリーニングで期待された効果を示す化合物を特定するAIモデル 京都大学が開発

京都大学のiPS細胞研究所は、AIを活用した創薬に向けて熱拡散方程式を応用した新たなアルゴリズムを開発した。ALS患者のiPS細胞を使って化合物の学習やスクリーニングを実施したところ、既存薬よりも高い効果を示す化合物を同定できた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 京都大学のiPS細胞研究所は2020年11月12日、AI(人工知能)を活用した創薬に向けて新たなアルゴリズムを開発し、既存薬よりも高い効果を示す化合物を同定できたと発表した。

 開発したのは、化合物スクリーニングで期待された効果を示す化合物を予測する「熱拡散方程式」(HDE)モデル。このモデルは、熱が拡散していく様子を模して化合物の有効性の高さをスコア化することで、期待される効果を示した化合物を予測する。

 一般公開されている化合物スクリーニングのデータベース(PubChem)を使って、HDEモデルの予測精度を評価した。946セットのデータベースを評価したところ、803セットで0.7以上のAUC(機械学習の評価指標。1に近いほど判定能力が高い)を示したという。

画像 PubChemを用いたHDEモデルの精度評価

既存の治療薬よりも効果がある化合物を特定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。