連載
» 2020年11月17日 05時00分 公開

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(87):仮想マシンテンプレート/イメージ展開用カスタムイメージの「Microsoft Defender」をオフラインのまま最新状態にする方法

Microsoftは2020年10月、Windows 10およびWindows Serverのインストールイメージにオフラインで「Microsoft Defender」の更新プログラムを適用できる更新パッケージと展開用PowerShellスクリプトの提供を開始しました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

新規インストールやイメージ展開直後の数時間の弱点をカバー

 「Windows 10」や「Windows Server 2016」以降にはウイルス対策ソフトとして「Microsoft Defender」(旧称、Windows Defender)が標準搭載されており、サードベンダーのウイルス対策ソフトウェアが導入されていない場合は既定で有効化されます。

 しかし、Windowsのインストールメディアや機能更新プログラム、イメージ展開用のカスタムイメージにはMicrosoft Defenderの古いバージョンのエンジンや定義が含まれる可能性があり、セットアップ直後の数時間、ネットワーク経由で最新状態に更新されるまでは、最新の脅威に対して十分な保護を提供できない場合があります。「Sysprep(システム準備ツール)」で汎用(はんよう)化した仮想マシンテンプレートのVHDやVHDX(以下、VHD《X》)ファイルを複製して仮想マシンを展開する場合も同様です(画面1画面2)。

画面1 画面1 2020年6月に作成した仮想マシンテンプレートから仮想マシンを展開すると、含まれるMicrosoft Defenderのバージョンは2020年6月時点のもの
画面2 画面1 仮想マシンのネットワークをオンラインにして最新状態に更新するまでは、最新の脅威から保護されない状態

 そこでMicrosoftは、カスタムイメージを含むWIM(Windows Imaging Format)ファイルや仮想マシンテンプレート、仮想マシンのVHD(X)ファイルに適用可能なMicrosoft Defenderの更新パッケージと展開スクリプトの提供を開始しました。

 上記サポート情報からダウンロードできる32bit(x86)および64bit(x64)向け更新パッケージの2020年10月時点のバージョンは「1.1.2009.10」で、プラットフォームバージョン「4.18.2008.9」、エンジンバージョン「1.1.17400.5」、定義バージョン「1.323.2216.0」の更新を含みます。より新しいパッケージが利用可能になれば、上記サポート情報で知ることができるはずです。

 この更新パッケージの適用対象は、以下のWindowsがインストールされているWIMイメージ、VHD(X)イメージとされていますが、筆者が確認した限り、半期チャネル(SAC)リリースのWindows Serverにも適用可能です。

  • Windows 10 x86/x64
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019

オフラインでのMicrosoft Defenderの更新手順

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。